仕組みや摂取法の違い

置き換えダイエットとは、1日の食事の中で1食もしくは2食において、食事内容すべてまたは一部をダイエット食品に置き換えることで、残りの通常の食事から得られる基本の栄養素とダイエット食品での食事によるダイエット効果の両方を期待するダイエット方法のことを意味しています。この方法を取ることによって、通常の食事を取る量が減るために総カロリー数を抑えることが可能で、なおかつ1食品ダイエットの様な、同じモノばかりを食べることによるストレスや飽きが来る症状を避けるという狙いがあります。


こうした置き換えダイエットの重要ポイントとして、まずリバウンドしないような計画を立てることが挙げられます。置き換えダイエットでは食事から摂取する基本の栄養素をゼロにしないように、1食または2食を普段通りの食事を摂ることが奨められていますが、3食摂らなくなる分、たんぱく質や脂質がどうしても少なくなりやすく、それに伴って体内の基礎代謝が減りやすいという面があります。したがって置き換えダイエットでは、合わせて軽めの筋トレを行うことが良いとされています。さらに置き換えダイエットの重要ポイントとして、そのダイエット食品の選び方があります。食事の代わりとなるダイエット食品にはいくつか種類があり、その形状や手軽さ、含まれる栄養素の違いなどによって、飲み物のタイプであったり、栄養素を抑えたおかずの形状にしてあったりする場合があるとされています。こうした置き換えダイエットの重要ポイントを踏まえ、自分に合ったメニューを組む必要があります。

コメントは受け付けていません。