‘未分類’ カテゴリーのアーカイブ

青汁のもたらすメリット

2015/01/27

緑葉野菜を絞った青汁という健康食品があることを知っている人は多いと思います。テレビのコマーシャルやインターネットでもよくみかけます。実際に青汁がもたらす効果とはどのようなものがあるのでしょうか。よく聞かれる原料に大麦若葉やケールなどがあります。この二つの原料の特徴は普段の食生活ではなかなか摂取することが難しいビタミンやミネラルが豊富に含まれているということです。そして、大麦若葉にはスーパーオキシドディスムターゼと呼ばれる成分が含まれていることがわかっています。この成分は、老化の原因ともいわれている活性酸素を取り除く効果があるのです。


しかも、酵素活性は全体で数千種類ともいわれており、まだまだ解明されていない酵素もあることから現在でも研究途中なのです。ケールにおいては、キャベツやブロッコリー、カリフラワーの素であり、ケールを品種改良してこれらの野菜ができたのですが、他の野菜と比べた時にビタミンEの含有量が飛びぬけています。更に多くのビタミン類を含んでいることで良質のアルカリ性食品を多く摂取することにもなるのです。ビタミンEは強力な酸化させない作用を持っています。抗酸化作用とは先ほどもでてきた活性酸素を抑える作用です。この二つの成分が含まれている青汁を飲むことにより、老化を防ぐ効果があるといえるでしょう。他にも食物繊維なども含まれていますので、便秘の改善がみられる人もいます。体の中に老廃物をため込まないことで疲れにくい体づくりもできるのではないでしょうか。

ケールを絞った青汁

2015/01/27

青汁とは、ケール等の葉菜類を絞った汁の事で、主に健康食品として飲用されます。この青汁の原料として利用されるケールとは、アブラナ科の野菜の一種です。原産地は、地中海沿岸地域で、キャベツの原種であるヤセイカンランの近縁種です。


観賞用のハボタンも非常に近い種類です。地中海沿岸地域が原産地の野菜ですが、日本国内でも北海道から九州まで全国各地で生産されています。一般的には、苦味と青臭い風味が強い野菜で、味に独特のクセが有る為に、あまり食用には向きません。その為、農作物としては、主に若い葉が青汁等の原料として利用され、八百屋やスーパー等の店頭に並ぶ事はほとんどありません。キャベツにとても近い種類ですが、一般的なキャベツの様に葉が丸く巻く事は無く、扇状に広がります。タンパク質や炭水化物、ビタミン群やミネラル類、葉酸や酵素類等の多種多様な栄養素をたっぷり含有しています。ビタミンの含有量は緑黄色野菜の中でもトップクラスです。ビタミンA、B1、B2、C等がキャベツと比較しても多く、食物繊維も多いです。ケールが属するアブラナ科の野菜を多く食べる人は、肺ガン、胃ガン、直腸ガン等の発症リスクが低いという研究報告もあります。栄養価が高い事から病気療養食としても利用されています。この様な有用成分を多く含むケールを絞った青汁には、高い健康効果が望めます。加工された青汁の場合は、製造者の独自製法等による工夫や品質改良等も進んで、飲み易くておいしい青汁となっています。

家族を笑顔にさせる事ができる

2015/01/27

健康ブームの火付け役と言ってもいいほどの青汁ですが、実際に飲んでいる方や飲んでみようかなと気になっている方もおられるのではないでしょうか。現代人は外食も多く、野菜不足の方が多いと思います。野菜は大切なもの。食べなくてはいけない。と思っていてもなかなか沢山の野菜を取るのは難しいのではないでしょうか。特に野菜嫌いの方にとってはなかなか取らないと思います。


そのような方ほど青汁で野菜不足を解消してみてはいかがでしょうか。青汁には主にケールという野菜を使用しているものが多いです。ケールはキャベツの仲間とされていて食物繊維やビタミン、ミネラルが多く含まれています。食物繊維が多いという事は便秘解消に効果があるという事が言えますので、便秘の人や便秘気味の方はうれしい健康食品と言えるのではないでしょうか。便秘が解消されればお肌の調子も良くなると言われていますので、女性にとってはうれしい効果と言えるでしょう。ビタミンやミネラルは血液をサラサラにしたり、コレステロールを下げるという働きもあるとされていますので、生活習慣病が気になる中高年の方にとっては青汁を飲んでいる事は決して損はしないのではないでしょうか。中高年になってきますと自分の健康や家族の健康は一番気になるところですので、家族みんなで青汁を飲んで健康で過ごせる事が幸せな事と言えるのではないでしょうか。家族みんなが笑っていられる。という事は平凡ですが一番大切な事ではないでしょうか。

仕組みや摂取法の違い

2015/01/27

置き換えダイエットとは、1日の食事の中で1食もしくは2食において、食事内容すべてまたは一部をダイエット食品に置き換えることで、残りの通常の食事から得られる基本の栄養素とダイエット食品での食事によるダイエット効果の両方を期待するダイエット方法のことを意味しています。この方法を取ることによって、通常の食事を取る量が減るために総カロリー数を抑えることが可能で、なおかつ1食品ダイエットの様な、同じモノばかりを食べることによるストレスや飽きが来る症状を避けるという狙いがあります。


こうした置き換えダイエットの重要ポイントとして、まずリバウンドしないような計画を立てることが挙げられます。置き換えダイエットでは食事から摂取する基本の栄養素をゼロにしないように、1食または2食を普段通りの食事を摂ることが奨められていますが、3食摂らなくなる分、たんぱく質や脂質がどうしても少なくなりやすく、それに伴って体内の基礎代謝が減りやすいという面があります。したがって置き換えダイエットでは、合わせて軽めの筋トレを行うことが良いとされています。さらに置き換えダイエットの重要ポイントとして、そのダイエット食品の選び方があります。食事の代わりとなるダイエット食品にはいくつか種類があり、その形状や手軽さ、含まれる栄養素の違いなどによって、飲み物のタイプであったり、栄養素を抑えたおかずの形状にしてあったりする場合があるとされています。こうした置き換えダイエットの重要ポイントを踏まえ、自分に合ったメニューを組む必要があります。

置き換えダイエットで気を付ける事

2015/01/27

置き換えダイエットとは、3食の食事の1食を雑炊やシェイク、クッキーなど低カロリーなダイエット食品に置き換えてえてダイエットに取り組む方法です。置き換えダイエットのメリットその1低カロリーでありながら1回の食事に必要なビタミンやミネラルが適度に補えます。


絶食ダイエットや豆腐ダイエットなど偏った食事などは、便秘になったり、どうしても栄養バランスが崩れるため肌荒れを起こしやすくなりますが、栄養バランスが考えられたダイエット食品ならその心配がいりません。置き換えダイエットのメリットその2色々な企業が置き換えダイエット食品を販売しているので、日によって雑炊にしたり、シェイクにしたり、クッキーにしたりとその日の気分でダイエット食品を変えられるので継続しやすいと思います。また今のダイエット食品は美味しいものが多いので、それなりの満足感も得られます。置き換えダイエットのメリットその3なんといっても手軽にはじめれれるのが置き換えダイエットの醍醐味だと思います。お仕事をしている人だと夜寝る前に運動というのはきついものです。そして、普段から運動することが習慣になっていれば継続できますが、習慣にないことを取り入れるのは強い意志がないと中々難しいものです。一方置き換えダイエット食品は、毎日の生活習慣である食事の中の1食を置き換えるだけなので、手軽で持続しやすいのです。ダイエットを本気で考えているなら長期間持続できるように少しずつ変え、1年で3,4キロ減量など無理なく目標を立てることがリバウンドを防ぐこつです。

キレイに痩せたいなら

2015/01/27

女性であれば誰しも一度くらいダイエットをした経験があるでしょう。私は以前置き換えダイエットというものを行っていました。銀座で働いていたころ、会社の周りにおいしい店が多く毎日外食するという食生活を送っていました。オフィスでの仕事でしたので、特に動くこともないのに今思えばエビフライ、ハンバーグ、生姜焼きなど昼から重い食事ばかりを選んでました。一緒に食事に行くメンバーも油ものが大好きで結果、オフィスメンバーの3人全員が2年でプラス5キロ以上増えていたのです。スーツが入らなくなっても気にせず、新調したスーツを着るといった生活でしたが、これはまずいと私が気づき皆にダイエットの提案をしたのです。置き換えダイエットの効果は1か月で表れました。シェイクタイプで1食500ミリもあるダイエットシェイクを飲んでいたのですが、量が多いのでお腹にもたまりましたし、何より栄養分がバランスよく入っていたためか、それとも十分な水分のためか便通も良くなり今まで3日に1回の排便が毎日出るようになったのです。腸がきれいになったことで今まで感じていたお腹の圧迫感もなくなるなど、置き換えダイエットの効果は一石二鳥でした。皆で行ったことで挫折する人もなく、8か月の間、毎日昼食はダイエットシェイクを飲み続けることができました。


結果個人差はありますが、全員痩せ、私はマイナス5キロともとの体重に戻すことができたのです。今は、食べ過ぎたときにまだ置き換えダイエットの効果を期待して飲み続けています。置き換えダイエットのほとんどは栄養素がたくさん入っています。カロリーも少ないですが、現代人は栄養不足と言われているので栄養補給のためにも私はお勧めです。

成功率の高いダイエット

2015/01/27

成功確率の高いダイエット方法といえば、置き換えダイエットが挙げられます。経験したことのある人も多いでしょう。そんな置き換えダイエットの基礎知識としては、まず1日に食べる朝、昼、晩の3食のうちどれかを、代替ダイエット食品に置き換えて食べるというものです。その分、摂取カロリーが減るのでダイエットになるのです。また、代替食品はドリンクタイプやクッキーなどの固形タイプなどさまざまですが、どれも栄養バランスが整えられているので、栄養的に偏る心配がありません。


そしてドリンクタイプなら大量の水分を摂取するのでおなかもちも良く、固形タイプは噛みごたえがあるので食事をしたという満足感が得られます。どういう形状であるにしろ、ダイエットが無理なく続けられるように工夫されています。また別の置き換えダイエットの基礎知識としては、どの食事を置き換えるのが効率的かということです。1日1食を置き換えるのなら、普通は夕ご飯のカロリーが一番高いので、晩を置き換えるのが一番ダイエット効果が高いですが、その分一番ハードルが高いです。なので初心者は朝食を置き換えるものからはじめるのが成功への近道です。すぐに昼食になるので食時間の間隔も短いですし、朝は時間がないことが多いのでやりやすいのではないでしょうか。慣れてきたら昼食にし、さらに晩にしていくのが効率がいいでしょう。学校や会社での昼食を置き換えるのもやりやすいかもしれません。いずれにせよ、早くダイエットしたいからといって、昼、晩といきなり2食置き換えたりせずに、少しずつ体を慣らしていくことが挫折しないこつです。置き換えダイエットの基礎知識をきちんと把握して、確実に効果を出していきましょう。

青汁のメリットって?

2015/01/27

最近、また青汁という商品に注目が集まってきているように思います。青汁は薬ではなく健康食品ですので、身体を整えるために豊富な栄養素を手軽にとることができる飲み物です。青汁が栄養素を摂ることとだけを目的とするならば他にも栄養ドリンクは星の数ほどあります。効能も同じであるならばあのように飲みにくい苦い味の青汁を飲む必要はないのです。


青汁が他の栄養ドリンクよりも優れている点は健康増進に役立つ豊富な天然成分の栄養素を吸収しやすい形で含んでいるという点です。それはあの苦い味に形となって表れているのです。青汁の特徴となるあの苦さは、加工していない生の状態で体に効率よく吸収させるための苦さだと思ってください。栄養素を「酵素」の形でそのまま取り入れているということは栄養の吸収を考えた場合、一番効率がいい取り入れ方なのです。人間の体にとって酵素というものは成長や消化、生殖などありとあらゆる活動に結び付けるために欠かすことのできない成分です。加工食品の場合、体内に入ると一旦酵素に変化させてからの吸収という過程を踏むことになります。青汁の場合、その過程を省いて吸収することができるのです。そこが他の栄養ドリンクと全く違う特徴なのです。ビタミン類やミネラル類、食物繊維などを素早く体に吸収させ、代謝を促すことで健康維持、美容、ダイエットに向いたからだづくりをすることができます。本気で健康について考えた時に手軽ににただ飲み続けることで健康の維持や病気の防止ができるというメリットが青汁にはあるのです。

健康願う青汁とは

2015/01/27

うん、まずい、というコマーシャル覚えていらっしゃいますか。そうです。青汁のコマーシャルです。このコマーシャルを見て飲んでみようと思った人もたくさんいるかもしれません。しかし飲んでみたくないと強烈に印象残ったと思います。青汁という商品を一部の健康に関心がある人だけでなく日本中に広めたすごいコマーシャルだと思います。


青汁というものは青野菜をふんだんに含んだ一種のサプリメントです。このサプリメントが登場した理由は野菜不足の人が増えているという背景があるでしょう。現代人はとても忙しい人はとても忙しいです。昔と違って畑から野菜をとってきて食べることができる人はどんどん減っています。そんな素晴らしい環境で生活している人は何パーセントもいないでしょう。そう考えると国民の健康を現代社会にマッチした形で守ろうとしている商品ともいえるのが青汁でしょう。大げさに聞こえるかもしれません。しかし野菜不足によって必要な栄養が接種できない人が増える。そうなれば必然と疾患におかされる可能性が高くなります。そうなってくるとただでさえ増大している医療費が抱えられないほど膨らんでしまい日本が誇る皆保険のシステムは崩壊せざるを得ないでしょう。青汁はその崩壊をくいどどめるため少しでもお手伝いしているといっては大げさかもしれませんが、皆さんの健康を守るために手軽に必要な栄養素やビタミンを接種していただきたいという願いが込められたサプリメントなのです。