青汁のもたらすメリット

緑葉野菜を絞った青汁という健康食品があることを知っている人は多いと思います。テレビのコマーシャルやインターネットでもよくみかけます。実際に青汁がもたらす効果とはどのようなものがあるのでしょうか。よく聞かれる原料に大麦若葉やケールなどがあります。この二つの原料の特徴は普段の食生活ではなかなか摂取することが難しいビタミンやミネラルが豊富に含まれているということです。そして、大麦若葉にはスーパーオキシドディスムターゼと呼ばれる成分が含まれていることがわかっています。この成分は、老化の原因ともいわれている活性酸素を取り除く効果があるのです。


しかも、酵素活性は全体で数千種類ともいわれており、まだまだ解明されていない酵素もあることから現在でも研究途中なのです。ケールにおいては、キャベツやブロッコリー、カリフラワーの素であり、ケールを品種改良してこれらの野菜ができたのですが、他の野菜と比べた時にビタミンEの含有量が飛びぬけています。更に多くのビタミン類を含んでいることで良質のアルカリ性食品を多く摂取することにもなるのです。ビタミンEは強力な酸化させない作用を持っています。抗酸化作用とは先ほどもでてきた活性酸素を抑える作用です。この二つの成分が含まれている青汁を飲むことにより、老化を防ぐ効果があるといえるでしょう。他にも食物繊維なども含まれていますので、便秘の改善がみられる人もいます。体の中に老廃物をため込まないことで疲れにくい体づくりもできるのではないでしょうか。

コメントは受け付けていません。